長野県松本市“かんのう整骨院”の

姿勢&骨盤スタイリスト木村慎吾です。

感動を与える産後骨盤矯正をCONCEPTに

産後骨盤矯正のエキスパート】として、

年間のべ2,400人以上の施術を行っています。


新規産後骨盤矯正の患者様で

「ブログ見た!」と伝えていただくと、

毎月先着5名様に

初診料¥2,700が無料!

さらに...

“100人が痩せた産後ダイエットの秘密”

無料でプレゼント!!!


産後に手首が痛くなった方へ

長野県松本市にあるかんのう整骨院に勤務する姿勢&骨盤スタイリストの木村慎吾です。

今日は、明日のセミナーへ参加するため、大阪へ院長と来ています!
院長は別のセミナーで、たまたま同じ日だったため一緒に来ました!
続きは明日のBLOGでw


さて、今日は産後に手首が痛くなった方へのBLOGです。


産後、赤ちゃんを抱きあげた時、急にズキっと手首に痛みが走ったのがきっかけに、慢性的に痛みが残ってしまう方が時々います。
それはもしかして、腱鞘炎かもしれません。


腱鞘炎とは?
まず、とは筋肉と骨をつなぐものです。よく、俗に言う“すじ”と呼ばれるものですね。
アキレス腱はその代表です。
引用元:http://itami-setumeisho.com/archives/2789

手足の指を動かす筋肉は細長く、腱鞘(けんしょう)というトンネルの中を通ることで、スムーズに動かせるようにできています。
引用元:http://www.sapporo-master.com


この腱鞘(けんしょう)で起きる症を腱鞘炎(けんしょうえん)といいます。



産後の方に多く見られる腱鞘炎の多くは、

『ド・ケルバン病』

と言われる疾患です。
ちょうど下図にあるように、親指を下にたどっていった時の手首に痛みがでます。


腱鞘炎になる原因
様々なネットや本を見ると、手の使い過ぎが原因だと書かれていることが多いですが、私の中で、これは“?”です。
だって、手を使い過ぎないママなんていないと思います。
大事なのは手の使い方です。


私は以下の2つが原因だと考えます。
1.女性ホルモンバランスの乱れ


2.手の使い方が悪い



特に私は2.手の使い方が大事だと考えます。


1.女性ホルモンバランスの乱れ
女性ホルモンである、エストロゲンの働きとして筋肉や腱などの柔らかい組織の弾力性を保つ働きがあります。
出産後はホルモンバランスが乱れやすく、エストロゲンの分泌量が低下している可能性があります。
また、プロゲステロンは産後増加し、腱鞘を硬くしてしまう働きがあります。

2.手の使い方が悪い
ドゥ・ケルバン病を起こす筋肉には2つあります。『短母指伸筋』と『長母指外転筋』です。
つまり、この筋肉を使いすぎないようにすればいい訳です。そのためには、以下のようにするといいです。

❶スマホの操作は人差し指指にする
❷子供を抱きあげる時は親指を人差し指につける
❸抱っこが続く際はスリング等手に負担のかからないものにする
❹授乳時はクッションを使う
❺包丁を使う時は背の部分に人差し指を置く
❻箸をスプーンやフォークに変える


意識して手を使うようにしてみてくださいね!


CONCLUDED!


かんのう整骨院HP

LINE予約・お問い合わせはこちらから↓

当院院長のBLOGです

facebook。友達申請お待ちしてます!

かんのう整骨院

整体院かんのうスマイルヘルスケア

受付時間

午前   8:30~12:00

午後 14:30~19:30

休診日 木・土曜日午後、日祝日

0263-31-5666



新規保育有での産後骨盤矯正をご希望の方へ

保育有での産後骨盤矯正は大変人気があり、

現在約1カ月待ちの状態です。

初回の保育のご希望がなければ、

当日のご予約が可能な場合があります。

詳しくはお手数ですが、当院ホームページで

最新情報のご確認をお願いいたします。


新規産後骨盤矯正の患者様で

「ブログ見た!」と伝えていただくと、

毎月先着5名様に

初診料¥2,700が無料!

さらに...

“100人が痩せた産後ダイエットの秘密”

無料でプレゼント!!!



▼当院のホームページ▼

▼LINEでのご予約はこちら▼

産後骨盤矯正のご予約やご相談、

ご質問はこちらにて承ります♪

24時間受付中!!!

産後骨盤矯正のエキスパート 姿勢&骨盤スタイリスト 木村慎吾のBLOG

長野県松本市かんのう整骨院の姿勢&骨盤スタイリストの木村慎吾です。 のべ2,494人(H29.10.1現在)の産後骨盤矯正を施し、産後ママ達に知ってほしい姿勢や食事、運動、ダイエットに関することを中心に配信しています。ちょっぴりプライベートのBLOGを毎日更新中!


0コメント

  • 1000 / 1000